Column -コラム-

GCW放送局練馬支部 第12回「はじめての赤デッキ」

GCW特別情報 「『未来への翼』体験モード」

6月13日のアップデートで6月24日発売予定の『未来への翼』がアプリで体験できるようになりました。
デッキはレンタルなのでアプリを始めてすぐにでも体験ができます。
『未来への翼』の強さを確かめたい人は今すぐアプリをダウンロードしましょう!
みなさん、こんにちは。局長Kです。
第7回で「次回は赤デッキ」と言ってからだいぶ間が空いてしまい申し訳ありません。
未来への翼』の情報がたくさんある中での『歴戦の撃墜王』環境の赤について個人的な感想を書かせていただきます。
どんな動きなのかは動画をご覧ください。
※今回の解説は局員Kが担当させていただきます。
00:11 
 自分の赤は速攻が勝ちパターンなのでコスト2以下のユニットが欲しいところです
01:42 
 相手に黄クルーが出てちょっと混乱しています
02:22 
 カウンターがセットされているこの場面。自分は、緑のカウンターだと【当たらなければどうという事はない】か【ザクとは違うのだよ、ザクとは!】を警戒。どちらにしろ母艦を攻撃すれば【ドーベン・ウルフ】は破壊されないので母艦攻撃を選択しました
04:31 
 【ガンダム試作2号機サイサリス】。このあとどんどん積み上げられていくカウンターに恐怖を感じました
05:17 
 ここで初めて黄クルーの意味を知りました。先ほどのカウンターの画面、【偽りの平和】だったら……。運が良かっただけですね
05:24 
 【偽りの平和】を見たことで大混乱。コストのことも忘れて【ティファは、俺が守る!】まで警戒しています。

エクストラブースター「歴戦の撃墜王」における赤の強さ

この環境下でも速攻デッキとして緑と並ぶくらい強いですよね。
コスト4くらいからバウンス(手札に戻す)効果を持つカードが使えるようになり、相手の「防衛」を除去しながら攻撃を継続できるのが強みです。(緑の場合は防衛ユニットを攻撃して除去しなければならないので、そこでダメージ量が減ることがあります)
さらにフィニッシャーとして【クロスボーン・ガンダムX1】+【キンケドゥ・ナウ】のコンビがいます。「防衛」+「急襲」でATK7ということでDEF7が以下だと戦闘で突破することがほぼできないという凶悪な組み合わせで、突破するのがかなりきついです。しっかりとDEF8以上のユニットがつくれるようにしておかないとその時点で詰んでしまうこともあるので、デッキ構築の時点で警戒しておきましょう。
歴戦の撃墜王』環境下ではここまでで紹介してきた黄、緑、赤が使いやすく、勝率が良かったです。
未来への翼』発売までに残りの黒と青について書きたいと思います。
この2色は上手い人と戦うと勝てる気がしないのですが、自分は使いこなせていません。。。
それではまた別のお話で。