Column -コラム-

GCW放送局練馬支部 第10回「2色クルーについて」

みなさん、こんにちは。局長Kです。
今回は「未来への翼」で新たに加わる特殊なクルーカード、「2色クルー」を紹介します。
【2色クルー】
2色クルーはコストの支払い時に設定されている2色のうちどちらか片方を選んで色のコスト支払える、多色デッキにとってとても便利なカードです。
前回紹介した、《バイアラン・カスタム》や《クシャトリヤ・ベッセルング》といった色のコストが2色あるカードを使うならば必須のカードとも言えるでしょう。
ただし使うには2点ほど注意が必要です。
  • ・通常のクルーとは異なり、「デッキに同じカードNo.のカードを4枚まで入れることができる」という制限がある
  • ・配置時に自分の母艦に1ダメージを与える
一つ目はユニットカードなど他のカードと同様の制限があるというだけで、特に問題は無いでしょう。
注意したいのは二つ目。配置時に母艦へ自動的にダメージを受けるので、あまり入れすぎるのは危険でしょう。「未来への翼」では同じ色の組み合わせに2枚ずつ2色クルーがいます。例えば青赤デッキなら最大8枚の青と赤の2色クルーがデッキに入れられて色による事故はかなり減らせますが、母艦へ最大8ダメージを覚悟しなければなりません。ただ、《バイアラン・カスタム》や《クシャトリヤ・ベッセルング》を見る限り2色コストのユニットはカードパワーが高いようなので、そのリスクを背負っても十分なゲインが得られるかもしれません。
【2色の組み合わせ】
未来への翼」における2色クルーの組み合わせは「青&赤」「青&緑」「緑&赤」「黄&黒」「黒&赤」の5種類。赤が最も組み合わせが多く。黄が少ない状況です。

青&赤

ミネバ・ラオ・ザビ

セシリー・フェアチャイルド

青&緑

アイナ・サハリン

ミハル・ラトキエ

緑&赤

ロニ・ガーベイ

シャア&ハマーン

黄&黒

王留美

カガリ・ユラ・アスハ

黒&赤

ドロシー・カタロニア

レディ・アン

これまで2色クルーの使い方を2色デッキで使うことを前提で話していましたが、他色で色指定が1くらいの強カードを4~8枚くらい入れるタッチ形式での使い方も効果がありそうですね。デッキの対応力もアップするので、大会でのサイドボードとしても注目したいところです。
2色クルーの登場でさらに多色への環境変化が加速しそうな「ガンダムクロスウォー」。「未来への翼」が発売されたら、しばらくは2色デッキで遊んでみたいと思います。
それではまた別のお話で。