Capture -攻略記事-

「鉄華演舞」攻略情報 第1回

いよいよ次なるカードセットが見えてきました、タイトルは『鉄華演舞』!
今回は、その謎のベールを少しずつ解明していきたいと思います!

新たな戦いが幕をあける、「機動戦士ガンダム・鉄血のオルフェンズ」二期突入!

アニメ二期もスタートし、新たな展開を見せる「機動戦士ガンダム・鉄血のオルフェンズ」。

鉄華演舞』でも、アニメ二期に登場するモビルスーツやキャラクターが早くもカード化されています!

アニメ序盤から戦闘で大活躍の鉄華団MS、昭弘・アルトランドの乗機「ガンダム・グシオンリベイクフルシティ」やノルバ・シノの新MS「獅電改」などなど。もちろんすべて新規描き下ろしの美麗イラストです。

効果の方も少しだけですが紹介していきましょう。

鉄華団地球支部で使用されているMS「ランドマン・ロディ」。このユニットが戦場にいるとき、特徴《鉄華団》を持つユニットにウェポンカードを乗せて出撃させると、自分のキャラデッキのカードを1枚ブリッジにオープンする、という効果を持っています。

ユニットにパイロットを乗せると、ブリッジのカードが減って使用できるコストが少なくなってしまいますが、このユニットがいればその分を補填できるというわけです!もちろん「ランドマン・ロディ」が複数いれば、一度に2枚・3枚カードをブリッジにオープンして、コストをブーストすることが可能ですよ!

新しい色で名実ともにライバル!? ギャラルホルンのモビルスーツが青のカードに!

さて、もう一つ大きなニュース。いままで「鉄血のオルフェンズ」のカードはすべて黄に所属していましたが、『鉄華演舞』では二期で登場したギャラルホルンのモビルスーツは、青のカードとして登場します!

青になったことにより、「鉄血のオルフェンズ」のカードとファーストガンダム、Zガンダム、ガンダムZZのカードを組み合わせてデッキを組むことができるようになりました!

また、特徴《ギャラルホルン》《グレイズ》などを生かして、青・黄の混色デッキを組むのも面白いですよ!青の硬い守備力と黄の強力な高コストユニットは好相性。『鉄華演舞』でこれらのカードを手に入れたら、ぜひいろいろコンボを考えてみてください!

せっかくなので、青のユニットカードからも1枚効果を紹介。

アリアンロッド艦隊所属の新型MS「レギンレイズ(ジュリエッタ機)」です。このユニットは、相手のターン、《ギャラルホルン》を持つ味方のユニットはATK3以下の敵のユニットとの戦闘によるダメージを受けなくなる効果を持っています。

ファンネルを並べる赤のトークン・デッキや、緑の【水中奇襲】デッキなど、数で押すタイプのデッキに対して非常に役に立ちそうですね!

ガンダム・バルバトスルプス」がスペシャルレアで登場!

最後に紹介するのは、言わずと知れた主人公機、「ガンダム・バルバトスルプス」!最高ランクのスペシャルレアのカードですよ!

コスト7で7/7のステータスを持つヘビー級カードですが、ウェポンカードを搭乗させている味方のユニット1機につき、無色コスト-1される効果を持っています。

そして攻撃時、敵のユニットを破壊したら、このユニットのATK分だけ相手の母艦にダメージを与えます!パイロットやその他の効果でATKが上昇していれば、それだけ母艦に与えるダメージも増えることになります。

ですので、これらのパイロットカードと組み合わせれば、とてつもない破壊力!鉄華団のエースの名に恥じないパワーを発揮してくれます!

というわけで、『鉄華演舞』では、いろいろと新しいデッキを作るための試みが組み込まれています。

次回の攻略情報では、さらに一歩踏み込んだニュースをお届けします!お楽しみに!